ga03.jpg

Photo Gallery(on stage)

私は、約 30 年間のイタリアでの活動、帰国後の日本での活動を通じて、様々な文化、音楽、音楽家と出会い、 多くのことを学んで参りました。私にとって、活動の奇跡は「道」そのもの。公演舞台の写真は、私の「道」の 1 シーンでもあります。ここでは、音を、耳で聞くことはできませんが、どうぞ、心で聞いてお楽しみください。


p01.jpg

p04.jpg
 「ルチア」ルチア/1981/
 テアトロ・ナッィオナーレ/F・ラポーと

001 「ファルスタッフ」 1981 アレッサンドリア.jpg
 「ファルスタッフ」ナンネッタ/1981/
 アレッサンドリア

002 「椿姫」 1982 ヴィオレッタ クレモナ.jpg
 「椿姫」ヴィオレッタ/ 1982/クレモナ

003 [椿姫」 1982 ヴィオレッタ クレモナ.jpg
 「椿姫」ヴィオレッタ/ 1982/クレモナ

004 「清教徒」 1983  エルヴィーラ-ピアチlンツァ テラノーヴァ.jpg
 「清教徒」エルヴィーラ/1983 /
 ピアツェンツァ/V・テラノーヴァと

005「夢遊病の女」 1986 アミーナ ピアツェンツァ.jpg
 「夢遊病の女」アミーナ/1986/
 ピアツェンツァ

006 「椿姫」 1986 セントーゲンボッシュ (オランダ).jpg
 「椿姫」ヴィオレッタ/1986/
 オランダ

07p.jpg
 「椿姫」ヴィオレッタ/1986/
 カラーラでO・ガラベンタと

008 「ルチア」 1987.jpg
「ルチア」ルチア/1987/ 藤原歌劇団

009 「リゴレット」 1987 ジルダ-.jpg
 「リゴレット」 ジルダー/1987

09p.jpg
 「ルチア」ルチア/1987/藤原歌劇団

08-1988.jpg
 「椿姫」ヴィオレッタ/1988/ 藤原歌劇団

007 「椿姫」 1988 山路芳久と.jpg
 「椿姫」ヴィオレッタ/1988/
 藤原歌劇団/山路芳久氏と

010 「清教徒」1988 エルヴィーラ サン・ファン(プエルトリコ).jpg
 「清教徒」エルヴィーラ/1988 /
 プエルトリコ

010-1990.jpg
 「椿姫」ヴィオレッタ/1990/
 藤原歌劇団/G・アラガルと

011 「愛の妙楽」 1995 アディーナ バッロと.jpg
 「愛の妙楽」アディーナ /1995 /
  藤原歌劇団/P・バッロと

012 「カルメン」ミカ 1997 エラ-バルツァと.jpg
 「カルメン」ミカエラ /1997/
 A・バルツァと

012-1997.jpg
 「カルメン」ミカエラ /1997/
 ルイス・リマと

012「愛の妙楽」 1995 アディーナ バッロと.jpg
 「愛の妙楽」 アディーナ/1995 /
 P・バッロと

013 「ドン・ジョヴァンニ」1998 ドンナ・アンナ リモージュ.jpg
 「ドン・ジョバンニ」
 ドンナ・アンナ/1998/リモージュ

014 「椿姫」 1999 ヴィオレッタ.jpg
 「椿姫」ヴィオレッタ /1999

015 「トゥーランドット」 2001 リュー.jpg
 「トゥーランドット」リュウ/ 2001

015-2002「カルメン」.jpg
 「カルメン」ミカエラ /2002

016 「カルメン」 2002.jpg
 「カルメン」 ミカエラ/2002

017 「カルメン」 2002 ミカエラ ヨハンソンと.jpg
 「カルメン」ミカエラ/ 2002 /
 K・ヨハンソンと

018 「オテロ」 2003 デズデモーナ.jpg
 「オテロ」デズデーモナ /2003 /
 V・ボガチョフと

019 「アドリアーナ・ ルクブルール」 2005.jpg
 「アドリアーナ・ルクブルール」
 アドリアーナ/2005/
 藤原歌劇団/中鉢聡氏と

020 「アドリアーナ・ルクブルール」 2005 .jpg
 「アドリアーナ・ルクブルール」
 アドリアーナ/2005/
 藤原歌劇団/中鉢聡氏と

021 「海賊」 2006 フルナーラ-びわ湖ホール.jpg
 「海賊」グルナーラ/ 2006 /
 びわ湖ホール

2012.jpg
 「マリア・ストゥアルダ」
 マリア・ストゥアルダ/2012/
 オペラ彩/photo by Y.Honma

p01.jpg
 「マクベス」マクベス夫人/ 2013/
 オペラ彩/photo by Y.Honma

p02.jpg
 「マクベス」マクベス夫人/ 2013/
 オペラ彩/photo by Y.Honma


05p.jpg

Movie Gallery(on stage)

オペラは総合芸術、と言われる通り、その舞台は人間の感覚と感性、創造力の結晶とも言えるものです。そして、 その舞台は、私にとって、自分自身の全てをぶつける場でもあります。ここでは、その全てをお見せすることは できませんが、「私」という存在と表現の片鱗だけでも感じ取っていただけたら幸いです。



immy01.jpg

image (2).jpg
折に触れて感じる、ちょっとした「感じ」をスナップするギャラリーです。 ホームページリニューアルのお祝いに、サウンドアーティストの IRISM(石川真昭)さんから、お花の画像をプレゼントしていただきました。嬉しいので、載せちゃいます(^-^) 石川さんは、既に私のレパートリー曲になっている「花華 ~〈春〉~」を作曲いただいた若手サウンドアーティストです。


「花華 ~〈春〉~」の歌詞